» 相続税対策になる?

A『相続税対策として不動産が良い』
という話を聞いたことがある方も多いと思います。

現金預金や株式などの相続財産はすべて時価評価されるため、ほぼ全額が相続財産となります。一方で不動産は、相続税の計算基準となる評価額が現金の評価額より低く評価されますので、現金をそのまま所有しているよりも、評価額をおよそ3分の1程度にまで圧縮してくれます。

また、2015年より、相続税制度が変更されました。相続税の基礎控除額の縮小と増税により、相続税対策に不動産を組み込む方は以前よりも増え、かつ大変有益な手段とされております。

よくある質問