» 不動産投資をしている友人から「確定申告することで、税金が戻ってくる」という話しを聞いたのですが、そもそもなぜ不動産投資で節税ができるのでしょうか?

A不動産投資で節税することができるか?ご説明させていただきます。
まず、不動産投資を行ないますと、家賃などの収入と管理費や固定資産税、金利、減価償却費といった経費が生じます。
収入から経費を差し引いた額が、マイナスつまり赤字になった場合、その赤字額を給与所得から差引くことができるのです。
すでに給与から源泉徴収されている税金は、不動産所得の赤字の分だけ多く支払っていることになりますので、その分の税金が確定申告を行なうことで戻ってきます。
しかし、ここで注意していただきたいのは、本来、不動産投資の目的はなんであるかということです。
不動産投資の目的は、節税ではありません。継続して家賃収入を得ることです。
バブル期の不動産投資の目的といえば、「節税」がほとんどでした。
バブル崩壊後、節税目的で購入した多くの方が、大変つらい思いをしたことはご存知のとおりだと思います。
これから、不動産投資を始める人、またすでに投資をしている人はあらためて不動産投資の目的を、再認識していただければと思います。