» 大地震が起きたらどのようになりますか?

A1995年1月の阪神大震災では、数多くの建築物に被害が見られました。

しかし鉄筋コンクリート造のマンションには、それほど大きな被害は見られませんでした。1980年の法改正により導入された新耐震基準に基づいて建設された建造物は、阪神大震災においても大破したものはわずか0.3%、中破でも1.3%というきわめて安心のできる数値がデータ上示されています。また、東日本大震災でも近いデータが出ております。

万全を期したいお客様には、地震保険のご加入をお勧めしております。

よくある質問