» マンション投資成功ノウハウはよく聞きますが、投資失敗の落とし穴は、何ですか?

Aあるセミナーでは、あたかもファミリーマンションが出口戦略に向いているかのごとく語り、運用期間中の空室率の高さやリフォーム費用の高騰をはじめとする様々なリスクはオブラートに包まれていたそうです。
その話を真に受けて投資をした結果、失敗した事例なども、よく相談されます。
リスクやデメリットが隠蔽され、成功ばかりが華々しく語られているのです。ここに落とし穴があります。
この例では、ファミリーマンションへの投資はリスクが少ないと語る業者のセミナーでしたが、リフォーム費用補償付きの空室保証をつけていませんでした。
プロであれば、リスクを試算し、その範囲で適正な空室保証はできるはずです。
このように、個人投資家にリスクを丸投げし、仲介や売買の手数料で商売しているだけの業者も存在します。
プロの試算と失敗を未然に防ぐノウハウをもってすれば、運用期間中の空室保証(リフォーム費用補償付き)も掛け目次第でできます。そして、その掛け目が、その物件のリスク試算の結果なのです。
大手の財閥系不動産会社であれば、大概のマンションはサブリース契約(空室保証契約)をすることができますが、その保証賃料(オーナー様受け取り賃料)が本来のリスク控除後の賃料となります。
さらに、リフォーム費用補償付きにした場合は大きく減額されます。
または、リフォーム費用補償付きにしない会社もあります。
それはつまり・・・リフォーム費用保証が、いかにリスクをともなうかということの証です!
そのリスクを個人に負わせておきながら、リスクの説明もしないで販売する業者も存在するのです。
失敗には必ず原因があります。
その原因を分析して、ご自身のマンション投資のタイプ・目的に合わせて運用することが、成功への近道です。