» 空室・滞納のリスクを回避する方法を教えてください。

A【空室リスクへの対処法】
空室リスクを避けるためには、『東京23区』で投資をするということです。マンション投資は入居者がいてはじめて成り立つ投資です。地方のように賃貸需要の少ない場所でのマンション投資は、それだけで大きなハンデとなります。ローンを組んで投資をした場合、空室はさらに深刻な打撃を与えることになります。
その点、最も賃貸需要のある場所、それが東京です。東京スカイツリーや山手線新駅、渋谷、汐留に代表される再開発がいつもどこかで行なわれ、外国人留学生や上場企業の本社数、求人数もダントツに一番です。ヒト・モノ・カネが日本で一番集まる場所、東京の不動産に投資することが最大の空室対策になります。
さらに、入居者募集に強い賃貸管理会社をパートナーに選ぶことも大切です。ひと口に、入居者募集といっても、賃貸管理会社によって客付けまでの期間が大きく異なります。誤った賃貸管理会社を選んでしまうと、長期的にみると収益に大きな影響を与えます。
管理会社の入居率を目安に、入居者募集に強い管理会社を選ぶことをオススメします。
【滞納リスクへの対処法】
滞納が発生した場合は、すぐに対応することが大切です。滞納家賃の回収は後手に回れば、確率が下がっていきます。回収の目安は1ヶ月以内で、それ以上の期間がかかってしまうと回収は困難になってしまいます。また、滞納者にこまめに連絡することも重要です。連絡が付かないからといって連絡が途絶えがちになると、ますます回収しづらくなります。
ただし、実際には滞納家賃の督促業務は、管理を委託している管理会社が行うことになりますので、滞納が起きた際の管理会社の対応について確認しておくことが必要でしょう。
ちなみに、日本財託では当社が斡旋した入居者が滞納した場合には、100%の滞納保証サービスがあります。