» ペイオフ対策になる?

A2005年に解禁されたペイオフとは、銀行や信用金庫などの金融機関が、万が一破たんした時にその金融機関に預けている預金が2005年以前は全額保護されていましたが、ペイオフ解禁により上限1,000万円までしか補償されない仕組みのことです。ペイオフへの対策は、預金を複数の銀行に分けるという以外に、株や投資信託、不動産など預金以外の投資商品に資金を振り向けるという方法があります。

ご自身の資産が戻ってこないという何とも理不尽な話ですが、分散した金融商品から得られるパフォーマンスは非常に低いと、嘆きの声も多く聞かれます。

その点、マンション経営は、預金よりもはるかに大きな利回りで運用することが可能のため、ペイオフ対策として余剰資金を不動産にしてしまう方も大勢いらっしゃいます。

よくある質問