» 始め方は?

Aわずかな現金と住宅ローンを活用し、イニシャルコストを最小限に抑え、計画的に将来得られる大きなパフォーマンスを構築するカタチを取られる方が最も多く見られます。

その一方、退職金やペイオフ対策など、まとまった資金をスタート時のイニシャルコストに入れ、所有したマンションから短期間でパフォーマンスを得ていく方など、始め方はそれぞれの考え方や事情に応じて様々なアレンジが可能です。

よくある質問